由布院をじっくり楽しむお手伝い。 お問い合わせは yucrea#live.jp へ(#マークを@に置き換えてください)または電話:0977-85-2466


by yucrea

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

明けました\2014/
at 2014-01-06 16:06
新聞ばっく ワークショップ ..
at 2013-10-06 15:33
サイクリング×トマト収穫体験..
at 2013-09-06 13:17
今年も「サイクリング×トマト..
at 2013-07-26 10:21
由布岳の草花~✿
at 2013-07-25 19:05

カテゴリ

全体
ユクリエ について
実施中!エコウォークツアー
資源を探すのだ
ちいき活動
ユクリエ事務所の日々
こども と 地域
報告!とまとチャリツアー
ツアーの後書
ツアーのお知らせ
男子二人「くぬぎの学校」
タオの鳥羽研修日記
ツネの四万十研修記
ユクリエ 場外編
未分類

以前の記事

2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
more...

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アウトドア
九州

画像一覧

<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年も「サイクリング×トマト」ツアーが始まります!

a0202251_9311269.jpg


由布院駅の裏側に行ったことがありますか?
駅裏には、広い田園風景が広がっています。
その景色のなかを颯爽とサイクリング♪
そして、
向かうのは、由布院を代表する農家・江藤さんちのトマトハウスです。
トマトハウスでは、完熟フルーツトマトを味見しながら収穫してひと休みしましょう♪

これぞ「田舎の夏休み!」なツアーです。
a0202251_9275288.jpg



去年のトマトツアーの様子はコチラ

================================

集合・解散場所  JR由布院駅

スタート時間   1日2回 朝6時半~/14時半~

所要時間    約2時間(サイクリング1時間、収穫体験1時間弱)

 料 金    ¥3000/人
        (ガイド、トマト収穫体験、お土産トマト、保険の代金を含みます。)
        ※自転車レンタル料として、別に400円必要です
        ※子供用の自転車はございません。
         小学生以下のお子様が参加される場合は一度ご相談ください。

 申込み    朝の回は前日18時までに、
          午後の回は当日の12時までに
                      お電話にてお申込みください。
        ※他のツアー予約が入っている場合は、実施できないことがあります。

 定 員    1グループ限定(2~8名)  ※お一人での参加の場合はご相談ください。

あるといい持ち物  タオル 飲み物 帽子など

注意ポイント!   畑に入りますので、汚れても構わない服装・靴で。
           14時半~のツアーは各自、暑さ対策をお願いします。

雨天時の実施について     雨天中止。ご連絡致します。

================================

申込み・問い合わせ【 ユクリエ 】
電話:0977‐85‐2466


朝6時半は、早すぎる~>_<ムリー!って思いますよね。

でも、だまされて参加してみてください。

早起きして良かった~\(^ワ^)/って、深呼吸しちゃいますから♫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by yucrea | 2013-07-26 10:21 | ツアーのお知らせ

由布岳の草花~✿

由布岳山麓に広がる草原へ、調査がてら夕日を見に。

調査なんて言ってますが、草原がどうなってるかな~という観察ですけどね♪

いろんな花が咲いてましたよ✿

a0202251_1858461.jpg
a0202251_18583082.jpg

a0202251_1859377.jpg

a0202251_18592597.jpg
a0202251_18594449.jpg
a0202251_190088.jpg
a0202251_1902075.jpg



最後に・・・

ルリダマアザミ(別名:ヒゴタイ)と夕日の一枚。
a0202251_1931949.jpg

「アフロのボクサー軍団」と名付けました^皿^。

夕暮れの草原は涼しくて、草花鑑賞に丁度良かったです。
たまには夕暮れドライブもいいですね。
[PR]
by yucrea | 2013-07-25 19:05 | 資源を探すのだ